【オシャレには理論がある】 ファッション工学研究所

「おしゃれ」には、理論が存在します。 このブログでは、その理論を紹介しつつ、 お勧めできる洋服を紹介していきます。 今の洋服業界を見ると、ショップ店員やブランド関係者が自社の商品の宣伝のために、体系にあっていなかったり、ダサい服を勧めまくっています。そんな人たちに惑わされることのない、「おしゃれ力」をつけるためのブログです。

【ノーベル賞科学者も驚いた!】なぜ女はバカにしてくる男を好きになるのか!?

さて、先日こんな記事が話題になりましたね。


ナンパ術を伝授するアメリカ人男性の入国拒否を求め3万人が署名
http://news.livedoor.com/article/detail/9449166/

一部抜粋すると、

「この男性の“ナンパ術”は、内容が女性差別、特に日本人女性に
対する差別を含んでおり、虐待やDVを助長する内容だ。

とされて、批判の対象になっているようですね。

なんて非常識な外国人だ!
と思った方には、是非今回の記事を読んでもらいたいです。

これって、多くの女性の反感とは裏腹に、
事実なんですよね。

女性と言うのは、筋肉量も遺伝的に少なく、
どうあっても男性に守られなければならない存在です。

つまり、圧倒的に「強い男が好き」なのが女性です。


もちろん、その強い男の定義は、時代の変遷の中で
移り変わっていきます。

石器時代であれば、筋肉ムキムキで運動神経のいい男が、
モテたでしょう。

しかし、今周りを見渡してみると、どうでしょうか?

筋肉ムキムキの人って、汗臭くて、むしろモテません。

痩せマッチョくらいで、人間的に健康的な印象を
与えるくらいならまだしも、室伏浩二ばりの
ムキムキマッチョが大好きという人はまれです。


これには、「刷りこみ」が大きく影響していると考えられます。

皆さんも、ひよ子は生まれて初めて見た者を親だと思う、という
現象をご存知だと思います。

遺伝子では「生まれて初めて見たのが親」と、
プログラムしてあるので、自分の形と似てようが似てなかろうが
関係なく、親だと思い込むのです。

人間の女性にも同じプログラムが働きます。

人間の女性の場合は、
「社会的強者を好きになる」
ようにプログラムされているのです。

今の世の中では、社会性がその男性の地位に大きく影響してきます。

そのため女性は、

・人脈形成能力が高い男性
・人を不快にさせない清潔感がある男性
・かっこいい男性

に魅力を感じます。

先ほど言った通り、女性は、遺伝子レベルでは、
猿山の上部に位置する男性を好きになるように
プログラムされています。

しかし、どうやったら猿山の上部に行けるかは、
時代の影響を受けるため、そこは遺伝子レベルではなく、
生まれてから成長する過程の脳への刷りこみの影響が
大きいと考えられます。

そして、脳へ刷りこまれていることは、上記3つです。

この3つの条件の前には、同じ文章が大前提としてくっつきます。

それは、
「自分のモテるレベル以上に」
と言う部分です。

この「自分のモテるレベル以上に」の部分が非常に大切です。
人間と言うのは、相対的な生き物で、尺度の基準が
あくまで自分対相手です。

つまり、男の方は、「女性の持てるレベル以上」の男であることを、
女性に見せつけなければならないのです。

方法はたった2つ。

A.自分がめちゃめちゃ出世して、社会的強者であることを見せつける。
B.相手をめちゃめちゃけなして、相手より自分の立場が上であることを
思い知らせる。

このどちらかしかありません。

ただし、現在日本に住んでいであろう賢明な読者の方は、
ご存知の通り、ここ日本で、A.は、いばらの道です。

日本には年功序列という、非常に非効率的なシステムが、
数十年も前からはびこっています。

その中で、自分が社会的強者になる頃には、
すっかり性欲もなくなっているでしょう。
(元気な方もいっぱいいるようですが。)

いずれにせよ、A.は時間がかかりますし、この変動が激しい世の中では、
なかなかハードルが高いです。

では、B.はどうでしょうか?

これは、意外に簡単です。
とにかく女性をディス(軽い軽蔑)ればいいのです。

かわいいと思った女性には、あえて話しかけず、
全然興味ない女性と、あえて楽しそうに会話をします。

そして、それを見たその子がコチラの会話に入ってこようとしても、
あえて冷たい対応をします。

単純にあんまり絡まなければいいのです。
そうすると、その子は、必死になってあなたにかまってもらおうと
アピールしてきます。

自分よりランクが下だと思っていた女性がモテることは、
女性には許せません。

なぜなら、自分はそのランクが下だと思っていた女性よりも、
ランクが下だと認めなければならないからです。

必死になって話しかけてきます。

そうなったら、魚の喉深くに針がかかったようなものです。

・顔がでかい
・足短い
・頭臭い
・食べ方が汚い

など、ユーモアをディスってあげます。

(・A子ちゃんって飲み会にいると、存在感があるよね。。。
なんでだろう?あ、顔がでかいからかw
・あれ?誰かオナラした?あ、違う、A子ちゃんの頭皮かw
・えー。。。魚の食べ方知らないのーw?社会人失格だな。
などなど)

すると、社会的に自分の方が弱いと女性は錯覚し、
女性はあなたのことが好きになります。
(たとえあなたの年収の倍を貸せでいたとしても!)


逆にいえば、
「A子ちゃん可愛いね^^
何でもおごってあげるよ。」
なんて言うのは、逆効果です。

「この人はお金を使うことでしか、女に相手にされない、
コミュニケーションスキルもない、社会的弱者だ」
と認識されてしまうのです。

もちろん、女性はこんなことはいいません。
しかし、「刷りこみ」「遺伝子」の2つのコンボが、
このような男性を拒絶してしまうのです。

さて、実はこの方法、ノーベル賞受賞者で、
原子力爆弾を発明した、ファイマンという科学者の自伝にも
書かれているんですw

意外ですよねw

このファイマンの話を要約すると、

----------------------------------------

彼女に振られてしまいやることがなくなったファイマンは、
とあるバーに入り浸るようになります。

バーテンと仲良くなったファイマンは、バーテンが女性を
あてがってくれるのですが、さっぱりうまくいかない。

毎回飲み物をおごり、女性と楽しくおしゃべりをして、
それでおしまい。

そんなことを繰り返している時に、バーテンに来ていた
とある夫婦と仲良くなります。

その夫が、実は恋愛の達人で、ファイマンにアドバイスをするのです。
以下は原文そのままです。

----------------------------------------------------------------
基本法則はこうです。男は紳士と思われたいのが普通だ。
礼儀知らずの野暮な奴と思われたくないし、ことにケチと思われるのが
一番怖い。女の子たちはこれを知りぬいているから、
思い通りに操れると言うわけですよ。」

「だから」と彼は続けた。

「どんなことがあっても絶対に紳士であってはいけません!
女の子を頭から軽蔑してかかることです。
しかも第一のルールは、女の子に決して何も買ってやらないことですな。
たばこ一箱だってですよ。
女の子にあなたと寝る気があるかを聞いてうんと言わせたうえ、
ウソをついてないかどうかちゃんと確かめてからでなかったら
絶対に何も買ってもおごってもいけないんです。(ここまで原文そのまま)

ご冗談でしょう、ファイマンさん(上)P335~P343、より抜粋
http://amzn.to/1v4X0OV
----------------------------------------------------------------

このアドバイスを聞いたファイマンは、
バーで話しかけてきた女性に全く興味がないそぶりをし、
最終的には、
「君は。。。ばいたよりもひどい奴だ!」(原文そのまま)

と、社会的に身分の低い人間の烙印を押すという、
とんでもない悪口を言った上、奢ったはずのサンドイッチ
の金を返せと要求。

そして、そのお金を返してもらった上、その女を見事に落とします。

見事なまでのディスリです。

この技術を使い、ファイマンはその他の女性も落とします。

つまりこれ、大昔から知っている人は知っている恋愛の法則なんです。
ノーベル賞受賞科学者のファイマンも

「それにしても世の中では僕が育てられてきた考え方とは全然違った形で、
物事が動いて行くもんだ。そういうことに気がついたのは、実に面白い経験だった。」

と、述べています。

まさに、物理学と言う、理論を非常に大事にする科学者、
ましてやただの科学者ではなくノーベル賞受賞者!!!
が認める、女を落とす方法なんですよね。

私の研究所も、基本的にはこの理論に基づいています。
そして、今、その入り口として重要なのはファッションです。

合コンで初めてあった時、人間は、聴覚よりも先に視覚で相手を
認知します。

実は、その段階で優劣が決まるのです。
「え、こいつダサい。。。」

と思われるのか、
「こんなおしゃれで素敵な人あったことない。」

と、思われるのかで、既に勝負の6,7割はついてしまいます。

そのためファッションを改善すればおのずともてます。

世の中の女をファッションで、ディスり倒していきましょう。


完全無料メルマガの配信が始まりました。

基本的にはメルマガメインですので、今日の記事が面白いと思った方は、
是非ご登録ください。


今回の記事は、心理学がメインでしたが、女性をディするための、
実際インターネットで販売されている洋服のお勧めも紹介していきます。

ファッション心理学研究所 ~オシャレには理論がある~
http://www.mag2.com/m/0001646593.html