【オシャレには理論がある】 ファッション心理学研究所

「おしゃれ」には、理論が存在します。 このブログでは、その理論を紹介しつつ、 お勧めできる洋服を紹介していきます。 今の洋服業界を見ると、ショップ店員やブランド関係者が自社の商品の宣伝のために、体系にあっていなかったり、ダサい服を勧めまくっています。そんな人たちに惑わされることのない、「おしゃれ力」をつけるためのブログです。

この世で一番効果の高い「オシャレ」それは食事工学

【食事工学】この世で一番効果の高い「オシャレ」それは食事工学

 

日本人において、「食事」はこれまで非常に軽視されてきた。

日本人の特性として、「我慢が美徳」という精神が
植え付けられていることだと思う。

これは、食事についても同じで、食事は質素であることが
大事であるとされている。

しかし、質素=安いという時代は終わりを迎えてしまった。

むしろ現代社会においては、添加物や着色料がついていない
食品は、高級品のレベルである。

一昔前であれば、高級品は体に悪かった。

アイスクリームや植物性油をふんだんに使った
洋風料理なんかがその典型である。

ところが、世界経済はグローバル化し、様々な
ものが安価に手に入るようになった。

サラダ油は水のような価格で売られているし、ポテトチップス、
アイスクリームなどは、コンビニで24時間販売されるようになった。

安価な製品は体に悪い製品になってしまったのだ。

血糖値を上げるものはただでさえ中毒性がある。

「甘味」は中毒になり易い。

その「甘味」が安価で手に入るようになった今、
ダイエットの難易度は日々刻々と上がり続け、
もはやダイエットができる人間は、
論理的な知識と強靭な精神力を兼ね備えたエリートのみ
が可能となった。

食事工学では、その両方、「論理的な知識」も「強靭な精神力」
も提供したいと考えている。

論理的な知識は、様々な本や論文、このメルマガ読者からの
フィードバックから。

強靭な精神力は、このメルマガ読者も実践しているという、
共同体感覚から培ってほしい。

そう我々は一人ではない。

「食事工学」は、日々更新される世界中の食事に関する
科学的な知見をアップデートし続け、世界をリードしていくことを
目標にしている。


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【食事工学】 ~ 仕事のパフォーマンスを3倍にするたった1つの方法 ~
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・このメルマガでは、私およびその周辺の人間が実際に体験した
食事によるパフォーマンス改善について解説します。

・学術的な見解を多く含んでおりますが、あくまで私的な体験を基にした
情報であり、パフォーマンスの改善には個人差があることをご了承ください。

・病気を患っている方は、必ず医師と相談の上実践してください。

------------------------------------------------------------------------------
1.なぜ食事なのか??
------------------------------------------------------------------------------
僕は昔、ある工場の改善業務を担当したことがあった。

業界が特定されると個人の特定につながる恐れがあるため
言及は避けるが、多くの部品が使用されていて、各ラインでの
担当者の情報共有が徹底されておらず、それぞれバラバラの
思考回路で、バラバラの発注を来ない、バラバラの作業を行っていた。

生産性の向上を語る上で、情報が共有されないということは致命的な
欠陥なのである。

そのため、まず私は共通化できる部分を徹底的に共通化することを
始めた。

正直な話、このこと自体が何かを改善するわけではない。

共通化が可能なものを徹底的に共通化させることで、
問題を解決した時のインパクトを大きくするのだ。

ネジを作るラインがあったしよう。

その横では、プラスチックケースを作るラインがある。

一見、材料も違えば、そこで使われている機械も違うのだから、
共通化なんて不可能に思える。

けど、そうではない。

最終的に1つの製品に統合されるネジとプラスチックであれば、
無関係ということはあり得ないのだ。

例えば、製品は強度設計を元に設計を行っている。

もし、プラスチックの材料が改善されれば、必要なネジの数は
減るかもしれない。

しかし、情報が共有化されていない場合、ネジのラインはネジを
作り続け、プラスチックのラインは「割れにくい」という特性が
得られるだけであり、まさか、ネジの数を減らせるなんて思いもしない。

情報を共有化していると、こういったことが多くあるのだ。

食事も同様ではないだろうか?

食事は、全ての人が摂取している。

それは、富裕層でも貧困層でもまったく変わらない。

そう考えれば、食事を少し改善できる知見が得られれば、
人類の生産性を大きく向上させることが可能になるのではないかと思うのだ。

僕は、情報を共有化し、生産性をガンガン上げ、
不要な気分の低下に悩まされることなく、より多くの
人たちが幸せに生きられるようになる社会が到来することを祈っている。


------------------------------------------------------------------------------
2.なぜ「ただのダイエット」はダメなのか?
------------------------------------------------------------------------------
私は現在30代だが、多くの友人たちの体形が崩れてきている。

以前は、明らかに素晴らしい体格で、イケメンだった人が、
いつの間にかみすぼらしい体形に代わっていることがしばしばある。

みすぼらしい体形は、外見で判断する人に舐められ、
不要な押し問答を強いられることもある。

また、体脂肪率の上昇は、テストステロンを下げる。

テストステロンは、筋肉の成長を促したり、体脂肪を
燃焼させる効果があるのだが、それらが失われては、
後々解説することになるケトーシスになりにくくなるのだ。

また、テストステロンには、老化防止効果、決断力、
判断力、集中力を高める効果があり、絶対に失っては
いけない大事な要素だ。

「ただのダイエット」ではこれらのことは考慮せず、
ただただカロリーを減らすことのみ人専念させる。

残念ながらそれでは継続的な幸せを得られることはない。

ではどうすればいいのか?

------------------------------------------------------------------------------
3.食事工学で大事な要素
------------------------------------------------------------------------------
ダイエットを持続的に成功させ、的確な食事を行うには
これらの要素が欠かせない。


【1.意志力を使わない。】

意志力というのは、判断するための脳のエネルギーのことである。
これが失われてしまっては、まともな仕事なんてできやしない。

しかし、いざダイエットをしてみると、
「糖を食べたい欲求」と戦わなくてはならなくなる。

「糖を食べたい。」「けど我慢。」というダイエットは、
意志力を大量に消費し、脳を疲弊させてしまう。
そのため、MCTオイルやアボカド、その他食品から得られる
栄養をたっぷり摂取し、「食べたい」という衝動を抑えておく
必要がある。

意志力をダイエットなんかで消費させてはいけない。

 

【2.筋力をつける。】

私がお勧めしている「最強の食事」には、筋肉のことはあまり書いていない。
(それ以外は非常に素晴らしい本なので、是非ご一読いただきたい。
「最強の食事」http://amzn.to/29XJ7mO )

これには理由があって、著者自身が肥満児であったのだ。

つまり、日本人には少ないウェイトゲイナー(太りやすい体質)で、
この性質の人は、筋肉もつきやすいのだ。

私もそうであったが、日本人は筋肉質の人は少ない。
多くの日本人にとっては、筋肉は不足している。

また、多くの人の筋骨格率は加齢とともに減少していき、
基礎代謝は落ちてしまう。

つまり、筋トレしないことが、肥満の原因になりうるのだ。

また、肥満うんぬんよりも、筋肉がもたらす精神面の効用は大きい。

筋トレをすると、テストステロンというホルモンが分泌される。

このホルモンは、戦闘能力を上げるのだ。

サッカー選手の唾液中テストステロンを測定すると、
AwayよりHomeの試合前のテストステロンが高く、
ライバル心の強い相手のときが高いと言われている。

大阪大学医学部泌尿器科学講座 准教授 辻村晃
関西医科大学腎泌尿器外科学講座 教授 松田 公志
http://mens-health.jp/pdf/News_Letter_Vol10.pdf

テストステロンを高めていけば、相手を打ち負かすパワーが出て
くるのだ。

また、筋トレを行うと、エンドルフィン、アドレナリン、
セロトニンドーパミンといった気分を高揚される脳内物質が、
放出される。

日本人の自殺率は世界でもトップクラスだが、これは、
筋トレによる気分の高揚を教育されていないことが、
大きな原因だと私は考えている。

このメルマガでは、食事工学を土台にして、プロテインの摂取方法、
筋肉の付け方も随時紹介していく。

ちなみに、日本人には、プロテインの摂取を嫌う人が多い。

理由は「ムキムキマッチョになりたくはないから。」
ということらしいが、安心して欲しい。

マッチョになんて簡単になれない。

私が筋トレを本格的に始めたのは1年ほど前からだが、
いまだ細マッチョレベルだ。

筋トレは、精神を高揚させ、生活に規律をもたらす最高のメソッドだ。

脂肪燃焼効果も弱く、心筋を継続的に痛める上、
関節に大きな負担をかけてしまうマラソンなんて
絶対にお勧めしない。

まずは筋トレから。


【3.食事の管理。】

食事の管理を自分で行っていない人が多い。

その日の気分に合わせ、外食をしたり、お酒を飲んでしまう人が多いのだ。

しかし、これは逆にチャンスだ。

みんなが外食や飲酒で体調を崩している中で、
あなたは完璧な脳の働きを手にすることができれば、
敵はいない。

食事の管理を徹底することは、あなた自身が気づいていないストレスからの
開放を意味する。

この順番で徐々に試してほしい。

(1)毎朝のMCTオイル+バター+コーヒー
(2)植物油脂(特に揚げ物)の排除
(3)小麦の排除

失敗している人の話を聞くと、原因は「めんどくさい」がトップに来る。

確かに、朝コーヒーを入れるのはめんどくさい。

そのため私は、パナソニックの全自動コーヒーメーカーを導入している。

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ
15,270円
http://amzn.to/29YSz80

少々値段は張るが、毎朝同じ作業を繰り返すくらいなら、
元はすぐに取れる。

何より、最強のパフォーマンスの継続を支えてくれるのだから、
私は逆に安いとすら思っている。

文明の利器を最大限享受することで、最強のパフォーマンスを支え続けるのだ。

私たちは、「最強」に近づく権利がある。

あなたがゲームやスマホ、PC、テレビ、自動車に費やすお金が
あるのだとしたら、まず買うべきはコーヒーメーカーだ。

コーヒーのカフェイン摂取は、科学的に無害である上、
精神面でのパフォーマンスを大きく向上することが、
科学的に証明されてきている。

Caffeine IS harmless: Myth-busting review reveals
powerful stimulant is safe to take and even boosts
mental performance
https://t.co/4XDggUfaqs

カフェインはエネルギーを高めるだけではなく、
脳内の炎症を防ぎ、認知機能の衰えを軽減させ、
アルツハイマー病の発症リスクを低下させることが、
科学的に証明されている。
(引用:「最強の食事」http://amzn.to/29XJ7mO ))

コーヒーのすばらしさを享受して欲しい。

また、植物油脂や小麦は脳内の炎症を高める。
特に、揚げ物に多く含まれる酸化したオメガ6脂肪酸は、
前進に炎症をもたらし、脳のパフォーマンスを悪化させる。

また、小麦に含まれるグルテンはいわゆる「イライラ」のもとに
なる、脳の炎症を促進する。

これらの食品を抜くことは、私自身も体験できたほど、
明確な効用をもたらす。

個人差はあるだろうが、是非あなたの人生に導入して欲しい。


------------------------------------------------------------------------------
編集後記
------------------------------------------------------------------------------
来週は本格的に、プロテイン、筋トレについて考えていきたい。

私が導入している筋トレや、トレーニング場所、プロテインなども
紹介したい。

食事工学をご覧になっている方でも「こんなものはどうだろう?」とか、
「これがお勧め!」という情報があれば、ぜひ教えてほしい。

私なりの解釈を加えて、是非メルマガで紹介したい。

また、ただの感想も随時ウェルカム。

TwitterでもメールでもO.K。

メール
die-try-in@hotmail.co.jp

twitter
http://twitter.com/#!/tentengu

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。


これまでに紹介した本や商品をこちらに記載しておきます。

【本】

・「最強の食事」
  http://amzn.to/29XJ7mO

・「ジョコビッチの生まれ変わる食事」
  http://amzn.to/29XJ7mO

・「やせたければ脂肪をたくさんとりなさい!」
  http://amzn.to/1XAtTSo

・「ケトン体が世界を救う」
  http://amzn.to/1P3w56p

 

【オススメ商品】-私が実際に使っています。


 仙台勝山館 MCTオイル 360g <ココナッツベース100% 
 http://amzn.to/1Hxgwk4
 MCTオイルはこれがお勧めです。Amazonでは日清のMCTオイルも
 販売されているのですが、コチラの方が、私の体には合っていました。
 また、短鎖脂肪酸であることが明記されています。(C8が60%、C10が40%です。)
 日清のものには書いてないんですよね。

グラスフェッドバター(大匙2杯、もしくはギー)

 ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg
 http://amzn.to/29LslsW

 こちらもamazonで購入しています。
 最強の食事が話題になった当初は非常に高価だったのですが、
 今は輸入業者が取り寄せるようになり、それほどでもありません。
 このバターについては、私も実際に使っていて、費用対効果が高く、
 お勧めです。
 

・コーヒー約400ml
 
 ほの香
 http://honokacoffee.com/

 コーヒーについては個人の好みがありますので何とも言えませんが、
 私は宮城県の自家焙煎しているコーヒー屋さんの定期購入を
 しています。
 様々なコーヒを試しましたが、私は、タイの北部オリエンタルファズ農園で
 つくられるチェンライコーヒーに落ち着きました。

・エリスリトー

 エリスリトール 1kg [糖質制限 希少糖 天然甘味料]
 http://amzn.to/29YSTUa
 こちらもamazonです。
 どうしてもコーヒーだけでは苦いので、私はエリスリトー
 を入れるようにしています。
 この甘味料は、血糖値を全く上げることなく、甘さを得られるため、
 非常にお勧めです。
 甘さは砂糖の70%程なので、少し多めに入れる必要があります。

・コーヒーメーカー

 パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ ブラック NC-A56-K
 http://amzn.to/29YSz80
 
 本来は、金属メッシュフィルターのものがベストですが、
 私は紙フィルターでも十分コーヒーの効用が得られていると思います。
 最初は手で挽いて、金属メッシュで抽出していたのですが、
 大した違いは感じることができませんでした。

 全自動の優れもので大量にコーヒーが作れるのでオススメです。

・ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー
 http://amzn.to/2ajnvPi

 コーヒーとバター、MCTオイルをかき混ぜるために使います。
 まるでラテのような濃厚な泡を作ることができます。
 バター、MCTオイル、コーヒーの3つをかき混ぜてできた
 この泡を摂取することで、食欲は消えてなくなり、
 エネルギーを感じることができ、一気に仕事に集中できるようになります。